『移動する学林-LIFESHIFT VILLAGE』

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』in名古屋

『移動する学林-LIFESHIFT VILLAGE』

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』

“ほんとうに大事なことは、困難な問題に直面したときに、すぐに結論を出さないで、問題がじぶんのなか で立体的に見えてくるまでいわば潜水しつづけるということである。知性に肺活量をつけるというのはそう いうことである。” ー 鷲田 清一『哲学の使い方』、岩波新書、67頁

これまでに人類が経験しなかったような様々な問題を前にして、自然と、人と、社会との調和を深いところ から育む場となることを願って2015年よりはじまった「仏教的人生学科一照研究室」。三年目を終えようと していたある日、塾長である禅僧藤田一照さんと僕は偶然にも同じ本を手にしていて、そこに共通の問題意 識を見出していました。そして、「わからないことにわからないまま向き合う時間」、「ブッダが過ごした 〈仏教〉を創造するような時間」を四年目以降のテーマとしようと決めました。 本塾が開講してからの三年間は、僕らの世界をよりよく変えることを期待した様々な技術も、ビジネスも、 思考法も、もはやそれだけでは(倫理や哲学を問うことなしに)世界をより困難にするだけだと、より強く 認識する三年間でした。だからこそ、僕たちは社会の初期設定、パラダイムそのものを問い続ける営みへと 学びの軸足をより自覚的に移そうと思います。さらに、同じような思いを抱く同時代の同志を求めて各地へ移動する 動的なコミュニティへとシフトしようと決めました。

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』は、自らが安住してきた〈世界〉から飛び出し、刻々と変化す る世界と一体となって〈いのち〉を活かし生きることを学び続ける「実践的学びのプラットフォーム」です。 仏教を補助線として〈わたし〉が生きる土台を体感する「移動するサンガ」へ、日本各地から様々な人々が 集うことを願っています。
2018年1月吉日

藤田一照・桜井肖典・後藤サヤカ

【名古屋詳細】
日時:2018年6月23日(土曜)/7月21日(土曜)
時間:11:00~16:20  ※休憩約20分
場所:日本ガイシフォーラム  ※会場の都合上、場所の変更する場合があります。
〒457-0833 南区東又兵ヱ町5丁目1番地の16 (6月: 和室1 7月:未定)
http://www.nespa.or.jp/shisetsu/bunka/access.html
講師:藤田一照
受講料(全2回):24,000円(月12,000円) ※仙台・名古屋・京都、個別受付
支払方法:お振込み  ※お申込み頂いた後お振込み口座をお知らせ致します。
定員:35名  ※2回連続受講できる方優先となります。
締切:6月19日(火曜)
主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ
運営:合同会社メイジュ
協力: 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』実行委員会

【講義内容】
●仏教書講読
『青虫は一度溶けて蝶になる』(春秋社)をテキストに、講義やディスカッションを通して、自己、世界、人生について、新しい眼を持つことを学んでいきます。

●身心相関的ワーク実修
からだ育ての時間として、さまざまなエクササイズを通して、かしこいからだを培います。

●瞑想&坐禅実修
こころ育ての時間として、さまざまな瞑想や坐禅を通して、強いこころを培います。
※仙台、名古屋、京都、それぞれで重点的に取り組むテーマを変えながら、年間を通して1冊を深めていきます。
※各会場の1回目、2回目のあいだの約30日間にも、Facebookグループページで学びを深める試みをします。

【スケジュール】
11:00〜13:00 仏教書講読
13:00〜13:20 休憩
13:20〜16:20 身心相関的ワーク
瞑想&坐禅 終了

お申込みはinfo@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』in 名古屋とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。

5:26イベントFB写真

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』特別イベントin仙台

5:26イベントFB写真

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』特別イベントin仙台
「禅とボディワークの出会いから生まれるもの~Presence Breakthrough Method meets zazen~」

2015年より3年間続いてきました仏教塾が、新たな学びの場『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』として再出発!
今年は、仙台・名古屋・京都の3箇所を巡る予定です。
そこで、今回参加できない皆様、今後参加をご検討中の皆様に、ほんの少し塾の空気感を感じてもらえる機会をということで…
仙台開催最終回の5月26日(土曜)に、一般公開イベントを企画させて頂きました。
『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』とは、どんな場なのか?などを、少し紹介させて頂きつつ…
特別ゲストに、小笠原和葉さんをお迎えし、「禅とボディワークの出会いから生まれるもの~Presence Breakthrough Method meets zazen~」と題し、藤田一照との対談トークライブを予定しております!

【仙台詳細】
日時:2018年5月26日(土曜)
時間:19:00〜21:00
場所:東京エレクトロンホール宮城 401中会議室
※会場の都合上、場所の変更する場合があります。
〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-3-7
http://miyagi-hall.jp/access/
講師:藤田一照
ゲスト:小笠原和葉
参加費:3000円 ※事前決算 (塾生は2000円)
支払方法:お振込み  ※お申込み頂いた後お振込み口座をお知らせ致します。
定員:50名 ※先着順
主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ
運営:合同会社メイジュ
協力: 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』実行委員会

【スケジュール】
19:00〜”移動する学林”について
19:05〜ゲスト小笠原和葉さんのご紹介
19:10〜PBMのアイデアとワーク
19:40〜藤田一照×小笠原和葉さん対談
質疑応答・お知らせ
21:00 終了

お申込みはinfo@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』特別イベントin 仙台とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。

小笠原和葉(おがさわら・かずは)
ボディワーカー、意識・感情システム研究家。バリバリの「リケジョ」として宇宙物理学を専門に勉強。その後システムエンジ二アとして就職するが、その頃悩まされていたアトピーをきっかけにココロとカラダの研究をはじめボディーワーカーに転身。 意識や力ラダを含んだその人の全体性を、ひとつのシステムとして捉え解決するメソッド(プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド®)が好評を博している。著書『システム感情片付け術』(日貿出版社)

藤田一照HP4月

4月のスケジュール

藤田一照HP4月

4月5日(木曜)
藤田一照Xネルケ無方 第一回 セックス・パートナーシップ・家族・子育てをめぐって
安泰寺禅僧対談@スリランカ料理の店Kandy(日本橋)

4月14日(土曜)
からだとこころの学校Skole 明日が変わる6つのメソッド① 無心のマインドフルネス

4月21日&22日(土曜・日曜)
ジョアン・ハリファクス老師による、リーダーシップのためのAWAREワークショップ

4月28日(水曜)
仏教塾「移動する学林 Lifeshift Village」@仙台

藤田一照HP3月写真

3月のスケジュール

藤田一照HP3月写真

3月3日(土曜)
東京自由大学 宗教ってなに?Ⅱ 「楽しい修行〜アップデートする仏教と社会」藤田一照X中野民夫

3月5日(日曜)
Temple School 大阪 應典院  『退歩のススメ』(晶文社)刊行記念 

藤田一照さん×光岡英稔さん対話「禅と武術を通じていのちを知る」&禅・武術体験ワークショップ

3月23日(金曜)
日本ソマティック心理学協会 第3回春のソマティックダイアローグ201「竹内敏晴 meets ソマティック」 

3月31日(土曜)
慶成会老年学研究所主催 1day workshop 「坐禅から紐解くマインドフルネスとボディワーク」

 

『移動する学林-LIFESHIFT VILLAGE』

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』in仙台

『移動する学林-LIFESHIFT VILLAGE』

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』

“ほんとうに大事なことは、困難な問題に直面したときに、すぐに結論を出さないで、問題がじぶんのなか で立体的に見えてくるまでいわば潜水しつづけるということである。知性に肺活量をつけるというのはそう いうことである。” ー 鷲田 清一『哲学の使い方』、岩波新書、67頁

これまでに人類が経験しなかったような様々な問題を前にして、自然と、人と、社会との調和を深いところ から育む場となることを願って2015年よりはじまった「仏教的人生学科一照研究室」。三年目を終えようと していたある日、塾長である禅僧藤田一照さんと僕は偶然にも同じ本を手にしていて、そこに共通の問題意 識を見出していました。そして、「わからないことにわからないまま向き合う時間」、「ブッダが過ごした 〈仏教〉を創造するような時間」を四年目以降のテーマとしようと決めました。 本塾が開講してからの三年間は、僕らの世界をよりよく変えることを期待した様々な技術も、ビジネスも、 思考法も、もはやそれだけでは(倫理や哲学を問うことなしに)世界をより困難にするだけだと、より強く 認識する三年間でした。だからこそ、僕たちは社会の初期設定、パラダイムそのものを問い続ける営みへと 学びの軸足をより自覚的に移そうと思います。さらに、同じような思いを抱く同時代の同志を求めて各地へ移動する 動的なコミュニティへとシフトしようと決めました。

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』は、自らが安住してきた〈世界〉から飛び出し、刻々と変化す る世界と一体となって〈いのち〉を活かし生きることを学び続ける「実践的学びのプラットフォーム」です。 仏教を補助線として〈わたし〉が生きる土台を体感する「移動するサンガ」へ、日本各地から様々な人々が 集うことを願っています。
2018年1月吉日

藤田一照・桜井肖典・後藤サヤカ


【仙台詳細】
日時:2018年4月28日(土曜)/5月26日(土曜)
時間:12:00~17:20  ※休憩約20分
場所:東京エレクトロンホール宮城 ※会場の都合上、場所の変更する場合があります。
〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-3-7 (4月: 602中会議室 5月:401中会議室)
http://miyagi-hall.jp/access/
講師:藤田一照
受講料(全2回):24,000円(月12,000円) ※仙台・名古屋・京都、個別受付
支払方法:お振込み  ※お申込み頂いた後お振込み口座をお知らせ致します。
定員:35名 ※2回連続受講できる方優先となります。
締切:4月24日(火曜
主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ
運営:合同会社メイジュ
協力: 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』実行委員会
 
【講義内容】
●仏教書講読
『青虫は一度溶けて蝶になる』(春秋社)をテキストに、講義やディスカッションを通して、自己、世界、人生について、新しい眼を持つことを学んでいきます。
●身心相関的ワーク実修
からだ育ての時間として、さまざまなエクササイズを通して、かしこいからだを培います。
 
●瞑想&坐禅実修
こころ育ての時間として、さまざまな瞑想や坐禅を通して、強いこころを培います。

※仙台、名古屋、京都、それぞれで重点的に取り組むテーマを変えながら、年間を通して1冊を深めていきます。
※各会場の1回目、2回目のあいだの約30日間にも、Facebookグループページで学びを深める試みをします。

 

《開催までのHOMEWORK》
プログラム参加の準備として、各会場開催までに各自で取り組んでいただく課題をお知らせいたします。

《第1回プログラム》
12:00:
各会場の『移動する学林』に参究する全員で、各会場の第1回と第2回のあいだの約1ヶ月間で仏教を補助線として深めたい各自のテーマを共有し、一照さんとともに深めていきます。

14:40:休憩

15:00:
ソマティックワーク&坐禅の時間。この約1ヶ月間のあいだに、自ら意味を探求してほしいワークを紹介しながら、修行としての態度を体感します。

17:00:終了

 

《第2回までのHOMEWORK》
仏教を補助線にしてそれぞれの人生から学んだこと、ソマティックワークの日々の実践を通しての気づいたことを、参加者全員がグループページでシェアしていきます。

《第2回プログラム》
12:00:
約1ヶ月間のあいだに各自が人生から学んだことを持ち寄り、仏教的態度で日々を生きるための指針を一照さんとともに深めます。

13:50:休憩

14:00:
約1ヶ月間実践したソマティックワークを通しての各自の気づきを共有し、心身で学ぶということを一照さんとともに深めます。

15:30:休憩

15:40:
ソマティックワーク&坐禅の時間。次会場までのあいだに、 また、これからの日々で、一照さん自身もみなさんとともに深めてみたいワークをご紹介。

17:00:終了

《開催後のHOMEWORK》
『移動する学林』に集う仲間として、これからの日々で各自の人生を通して深める課題。またそれが、次会場プログラム参加の準備となり、探求するテーマともなります。

お申込みは、info@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』in 仙台とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。  

藤田一照HP写真2月

2月のスケジュール

藤田一照HP写真2月


2月3日(土曜)
スピエネット連続フォーラム 第3回「内臓・がんと坐禅・瞑想」で講演&対談

2月4日(日曜)
みんなで知恵を持ち寄る本のお祭りポトラ@桜神宮

田口ランディさんとの対談「いまここにブッダがいたらどう答える?現代日本の諸問題」

2月6日(火曜)
慶應SDMヒューマンラボ主催第7回「道の学校」@慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
古武術研究家甲野善紀さんとのコラボ講座

2月12日(月曜)
朝日カルチャーセンター新宿 『退歩のススメ』出版記念講座 光岡英稔さんとのコラボ講座

2月14日(水曜)
禅といま寒中勉強会@東京グランドホテル

2月17日(土曜)
朝日カルチャーセンター新宿 ぶれない心と体になるⅡ  河野智聖さんとのコラボ講座

2月17日(土曜)
英語坐禅教室@東京グランドホテル内微笑庵

 

藤田一照HP12月写真

12月のスケジュール

藤田一照HP12月写真

12月2日(土曜)
オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」主催イベント『 人生の初期設定~「わたしたちの生き方」の話をしよう~』

12月8日(金曜)〜10日(日曜)
寺摂心@山形  見龍寺
〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川小野里102
電話: 0234-56-2103

12月13日(水曜)
英語坐禅教室@東京グランドホテル内微笑庵

12月14日(木曜)

禅の古典味読会@Kandy
場所:日本橋スリランカ料理のお店Kandy
15:00〜17:00

12月15日(金曜)
  東京マインドフルネスセンター特別企画「マインドフルネスの背後にあるもの」

12月16日(土曜)
「仏教的人生学科 一照研究室」後期第4回目

12月17日(日曜)
日本マインドフルネス学会第4回大会

 

オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」主催イベント第2弾

オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」主催イベント『 人生の初期設定~「わたしたちの生き方」の話をしよう~』

オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」主催イベント第2弾

オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」主催イベント『 人生の初期設定~「わたしたちの生き方」の話をしよう~』

オンライン禅コミュニティ「磨塼寺(ませんじ)」が主催する第二弾イベント。
東日本大震災をきっかけに三拠点生活を始め、暮らしのスタイルを大きく変えた佐々木俊尚氏。
人の感受性を開く、芸術的アプローチで地域をデザインする桜井肖典氏。両者をゲストにお迎えし、
人生のパラダイム・シフトを唱える禅僧の藤田一照とのトークライブを開催いたします。
異なるフィールドで活躍する三名。生き方、あり方、ものごとの捉え方、という人生の初期設定が、
どのように変わっていいったのか?各々の活動で見たこと、感じたこと、考たことなどを通して、

具体的な体験談を交えて、3名の生き方の話しをお届けします。

【詳細】
日程」12月2日(土曜)
会場:亀戸文化センター 5F  第1研修室
定員:60名
参加費:一般:3,500円、早割:2,500円、U29:2,500円、磨塼寺会員:2,500円
※早割:11月5日(日)までにお申込みいただいた方に適用されます。
※U29:当日、身分証明書をご提示ください。
※磨塼寺メール会員:Peatixよりお申込みください。
※磨塼寺正会員:磨塼寺イベントページよりお申込みください。
※イベントお申込み前に磨塼寺にご入会された場合、会員価格でお申込みいただけます。

【スケジュール】

18:00~ 受付開始
18:30  開始
18:35~ 登壇者自己紹介
19:05~ トークセッション
20:05~ 質疑応答
20:20~ 磨塼寺説明
20:30  終了


【ゲスト】

佐々木俊尚
作家・ジャーナリスト。1961年生まれ。毎日新聞社の記者、月刊アスキー編集部を経て、フリージャーナリストとして活躍。ITから政治・経済・社会・文化・食まで、幅広いジャンルで、綿密な取材と独自の視点で切り取られた著書はベストセラー多数。Twitterのフォロワーは80万人と日本でもトップクラス。著書に『キュレーションの時代』(ちくま新書)、『家めしこそ、最高のごちそうである。』(マガジンハウス)、『そして、暮らしは共同体になる』(アノニマ・スタジオ)など。
公式サイト:http://www.pressa.jp/桜井肖典
1977年生まれ。メディアアートやファッションの領域からクリエイティブ・ディレクターへ転身、23歳で投資家から出資をうけ、デザイン・コンサルティング会社gift*Inc.の経営を始める。2000年より京都を中心にスタートアップ企業や教育機関、地方自治体や非営利団体など様々な地域や分野のブランド開発、デザインプロジェクトにおける企画と監修を重ねる。
一般社団法人リリース:http://release.world/主催者:オンライン禅コミュニティ「大空山磨塼寺」
お問い合わせ:info@masenji.com