PEZ86_kamigakourintenshinohashigo500

藤田一照仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」4月開講

PEZ86_kamigakourintenshinohashigo500

藤田一照と共に身体・心・魂を錬成する塾「仏教的人生学科 一照研究室」開講!

 

【開講日程】

前期:第1回4月11日(土)/第2回5月9日(土)/第3回6月6日(土)/第4回7月11日(土)
後期:第1回9月5日(土)/第2回10月17日(土)/第3回11月14日(土)/第4回12月12日(土)

【詳細】

時間:10時~16時  ※昼食は各自持参

場所:墨田区みどりコミュニティセンター

〒130-0021東京都墨田区緑3丁目7番3号  ※会場の都合上、場所の変更する場合があります。

講師:藤田一照

定員:45人

受講料(全4回):48,000円(月12,000円) ※前期・後期別受付

支払方法:お振込み ※一括払いの出来ない方の相談も受け付けます。

締切:4月4日(土)

主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ

運営:合同会社メイジュ

協力:藤田一照仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」実行委員会

記録:イヌイコウジ(編輯プロダクション knotworks)

デザイン:市角壮玄

問い合せ:合同会社メイジュ

お申込みはinfo@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、『藤田一照仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」前期申込み』とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、簡単な受講動機をそえてお申込み下さい。

【スケジュール】
10:00~12:00 仏教書講読
12:00~13:00 昼食&休憩
13:00~14:30 身心相関的ワーク
14:30~16:00 瞑想&坐禅 終了

【対象・条件等】
・~40代までの方
・トレーニングなど身体を動かすことが可能な方
・受講動機作文の提出
・全4回受講可能な方(前期・後期、別々の受け付けとします。)

【講義内容】
●仏教書講読
英語の仏教書の講読を通して仏教を学ぶ
●身心相関的ワーク実修
からだ育ての時間として、さまざまなエクササイズを通して、かしこいからだを培います。
●瞑想&坐禅実修
こころ育ての時間として、さまざまな瞑想や坐禅を通して、強いこころを培います。
※仏教書講読では「Three Steps to Awakening: A Practice for Bringing Mindfulness to Life 」著者Larry Rosenbergを使用しますのでご購入お願いします。
※英語の仏教書を用いて学びますが、初心者の方でも問題ございません。

 

【藤田一照仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」への応援コメント】

「ほんとうに深いものは身近にとらえることができ、身近にとらえることによって、ほんとうの深さがみえてくる。一照さんのお話をうかがっていて、いつも感じること。草食だろうが肉食だろうが、んなこたぁどうでもいいから、日本の若者たち、必見!」吉田 典生 典生人語 /Mindfulness Leadership Insutitute

 

「 禅の達人は、ごく普通の人になって還ってくる。道を求め、孤独に険しい道を究め、しばらくは浮世からも離れて近づき難くなる。しかし、究極を突き抜けると、この世界にまたごく当たり前になって還ってくる。気さくで若々しい藤田一照さんは、まさにそんな現代の禅の達人だ。参加する皆さんとの間で、自由自在にどんなことが飛び出すのだろうか。楽しみだ。中野民夫 ワークショップ企画プロデューサー/ 同志社大学政策学部教授

 

「「ほんとう」の自分で勝負していくことが、これほどまでに求められる時代は、かつてなかったように思う。鍍金はどんどんはがされていく。「ほんとう」と向き合うのは、少しばかり怖いことかもしれない。でも、すでにそれを体現している師が、あたたかく導いてくれるのなら―― 心身ともにしなやかで力強い自分と出会う一歩として、本塾を全力でおすすめします。」 小出遥子  Temple主宰/文筆家


「忙しい我々現代人にとって、自分自身と向き合う時間は悲しいかな贅沢なものになってしまっているといえるでしょう。たいせつだと思っていても一人ではなかなかその機会を得難い。 しかし、一人一人が心の声を聴き、自らを愛し、自らの道を探すこと。これからの世の中を良くすることの第一歩はたしかにそこから始まるのだと思います。 この学び舎で、自らの幸せと仲間の幸せ、そして、世の中の幸せを共に考えてゆきましょう。」 須子 善彦 つなぐ人 / ビジネス・ブレークスルー大学専任講師

竹

3月のスケジュール

竹

藤田一照と共に身体・心・魂を錬成する塾『仏教的人生学科 一照研究室』4月開講!

この度、これからの地球社会を創造していく担い手たちの大事なベースとなる身体・心・魂を藤田一照とともに錬成する塾として、4月11日より「仏教的人生学科 一照研究室」を開講することとなりました。

格差社会・貧困・エネルギー問題・差別・テロ…これまでに人類が経験しなかったような様々な問題が私達の前に立ちふさがるようになりました。しかし、かつて私達を守ってくれた20世紀的な経済・社会システムではそれらに対応することができなくなりつつあります。地球社会を構成する最小単位である私たち一人ひとりが自己と向き合い、人生と向き合う姿勢が求められているのではないでしょうか。
そうして自立した個人による有機的なつながりこそが社会に転換を促し循環性、再生産性があり自然と共生できる次世代の社会を創造していくことにつながると私たちは考えています。

そのために自身の身体と心そして魂の調和をとりもどし、自身を活かすための場として、本塾がその役割を果たしていけたらと思っています。
「仏教的人生学科 一照研究室」では、仏教という実践哲学を通して、命を活かし生きるために、身体と向き合い、心と向き合い、柔軟でつよいしなやかな身と心と魂を錬成していきます。
そして、日々の暮らし、個々の活動に活かしてもらえたらと考えています。
つきましては、塾長に藤田一照(曹洞宗国際センター所長)、運営に後藤サヤカ(合同会社メイジュ代表)、企画・運営アドバイスに桜井肖典(一般社団法人オープン・ガーデン/gift*Inc.代表)、他協力者として実行委員となってくださる皆様とで、藤田一照の仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」をともに作っていくことができれば幸いです。
「仏教的人生学科 一照研究室」が、自然と、人と、社会との調和を深いところから育む場となることを願っています。

藤田一照・後藤サヤカ・桜井肖典

 

そして開講にあたって、オープニングプレ企画を開催致します。

【講義内容】

●仏教書講読

英語の仏教書の講読を通して仏教を学ぶ  

●身心相関的ワーク実修

からだ育ての時間として、さまざまなエクササイズを通して、かしこいからだを培います。

●瞑想&坐禅実修

こころ育ての時間として、さまざまな瞑想や坐禅を通して、強いこころを培います。

※当初の予定を変更してプレ企画では、

仏教書「Three Steps to Awakening: A Practice for Bringing Mindfulness to Life 」著者Larry Rosenberg

の序章について藤田一照が講義をします。プレ企画では資料を用いませんが、本にご興味がお有りの方、また4月以降も受講される予定の方は各自購入してお持ち下さい。

※英語の仏教書を用いて学びますが、初心者の方でも問題ございません。

 

【詳細】

日程:3月21日(土)

時間:10時~16時30分  ※昼食は各自持参

場所:佃区民館

〒104-0051東京都中央区佃二丁目17番8号

参加費:6,000円  ※申込から5日以内に振込み 

定員:45人 

対象:〜40代まで

※動きやすい服装でお願いします。また、坐禅用クッション(坐蒲)がある方はお持ち下さい。

 

【スケジュール】

10:00~10:30 塾の開講の説明 

10:30〜12:00  仏教書講読

12:00~13:00 昼食&休憩

13:00~14:30 身心相関的ワーク

14:30~16:00 瞑想&坐禅 終了

16:00〜16:30 クロージング 

講師:藤田一照 進行:桜井肖典

 
申込は info@fujitaissho.info まで
メールの件名を、『藤田一照仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」オープニングプレ企画申込み』とし、

お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。

※参加費のお振込先については、お申込み頂いた後お知らせします。