「初心の技術」 塾

鈴木俊隆老師がアメリカで生きた時間は12年間。J・F・ケネディが大統領になる前年1959年のアメリカから、ベトナム戦争に本格介入するアメリカ、ブレトン・ウッズ体制の終結を告げた1971年のアメリカ、までの12年間のあいだに、老師の周りには大きなグループが形成され、禅はアメリカ中に広がりました。19世紀から、そして2度に渡る戦争を経るなかで、近代を猛烈に自己反省しつづけたヨーロッパではなく、その間に覇権国の地位を固め続けたアメリカ、そのアメリカの大きな変化の時節に生きた鈴木俊隆老師の実践から60年。わたしたちは、今この日本だからこそ、その実践から学びなおすことが必要だと考えました。明治からの西洋化と戦後の強かった米国の価値観への傾倒のなかで編み込まれた社会の初期設定が頑強に残る私たち日本の社会、その社会が変化を余儀なくなされていることを痛切に実感できるこの時代だからこそ、鈴木俊隆老師の60年前のアメリカでの実践から学び、60年後の実践として編み直す試みをはじめる意味があるように思うのです。鈴木俊隆老師が大切になさった言葉は「禅心初心」であったといいます。強かったアメリカの初期設定が綻び編み直される時代において、その初心者の心は、「智慧を求める智慧」となりました。今、60年後の日本から、わたしたちは「初心の技術」の探究をはじめてみようと思います。…

1月スケジュール

1月19日(日曜)「寺子屋ブッダ」でのお話し会 『ブッダが教える愉快な生き方』(NHK出版)のブックトーク1月23日(木曜)帰ってきたアップデートする仏教@目黒不動 with…