『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』

『移動する学林-LIFESHIFT VILLAGE』

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』

“ほんとうに大事なことは、困難な問題に直面したときに、すぐに結論を出さないで、問題がじぶんのなか で立体的に見えてくるまでいわば潜水しつづけるということである。知性に肺活量をつけるというのはそう いうことである。” ー 鷲田 清一『哲学の使い方』、岩波新書、67頁

これまでに人類が経験しなかったような様々な問題を前にして、自然と、人と、社会との調和を深いところ から育む場となることを願って2015年よりはじまった「仏教的人生学科一照研究室」。三年目を終えようと していたある日、塾長である禅僧藤田一照さんと僕は偶然にも同じ本を手にしていて、そこに共通の問題意 識を見出していました。そして、「わからないことにわからないまま向き合う時間」、「ブッダが過ごした 〈仏教〉を創造するような時間」を四年目以降のテーマとしようと決めました。 本塾が開講してからの三年間は、僕らの世界をよりよく変えることを期待した様々な技術も、ビジネスも、 思考法も、もはやそれだけでは(倫理や哲学を問うことなしに)世界をより困難にするだけだと、より強く 認識する三年間でした。だからこそ、僕たちは社会の初期設定、パラダイムそのものを問い続ける営みへと 学びの軸足をより自覚的に移そうと思います。さらに、同じような思いを抱く同時代の同志を求めて各地へ移動する 動的なコミュニティへとシフトしようと決めました。

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』は、自らが安住してきた〈世界〉から飛び出し、刻々と変化す る世界と一体となって〈いのち〉を活かし生きることを学び続ける「実践的学びのプラットフォーム」です。 仏教を補助線として〈わたし〉が生きる土台を体感する「移動するサンガ」へ、日本各地から様々な人々が 集うことを願っています。
2018年1月吉日

藤田一照・桜井肖典・後藤サヤカ


【仙台詳細】
日時:2018年4月28日(土曜)/5月26日(土曜)
時間:12:00~17:20  ※休憩約20分
場所:東京エレクトロンホール宮城 ※会場の都合上、場所の変更する場合があります。
〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-3-7 (4月: 602中会議室 5月:401中会議室)
http://miyagi-hall.jp/access/
講師:藤田一照
受講料(全2回):24,000円(月12,000円) ※仙台・名古屋・京都、個別受付
支払方法:お振込み  ※お申込み頂いた後お振込み口座をお知らせ致します。
定員:35名 ※2回連続受講できる方優先となります。
締切:4月24日(火曜
主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ
運営:合同会社メイジュ
協力: 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』実行委員会
 
【講義内容】
●仏教書講読
『青虫は一度溶けて蝶になる』(春秋社)をテキストに、講義やディスカッションを通して、自己、世界、人生について、新しい眼を持つことを学んでいきます。
●身心相関的ワーク実修
からだ育ての時間として、さまざまなエクササイズを通して、かしこいからだを培います。
 
●瞑想&坐禅実修
こころ育ての時間として、さまざまな瞑想や坐禅を通して、強いこころを培います。

※仙台、名古屋、京都、それぞれで重点的に取り組むテーマを変えながら、年間を通して1冊を深めていきます。
※各会場の1回目、2回目のあいだの約30日間にも、Facebookグループページで学びを深める試みをします。

【スケジュール】
12:00〜14:00    仏教書講読
14:00〜14:20  休憩
14:20〜17:20  身心相関的ワーク
瞑想&坐禅 終了

お申込みは、info@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』in 仙台とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。