樺島勝徳☓藤田一照『「温故知新 現代ソマティック禅者のめぐりあい」―身体を通した禅の学びとは―』

樺島勝徳☓藤田一照『「温故知新 現代ソマティック禅者のめぐりあい」―身体を通した禅の学びとは―』

樺島勝徳☓藤田一照『「温故知新 現代ソマティック禅者のめぐりあい」―身体を通した禅の学びとは―』

<磨塼寺主催公開コラボイベント>

鎌倉で開催される「ZEN2.0」の翌日、ZEN2.0に登壇予定の臨済宗 天龍寺派僧侶の樺島勝徳氏と、磨塼寺主宰の藤田一照による公開コラボイベントを開催いたします。
樺島勝徳氏は京都在住のため、関東圏内でのイベント登壇や、藤田一照とのイベント登壇は貴重な機会となります。
どうぞお見逃しなく。

————————
【ご案内】
現代ソマティック禅のトップランナーである曹洞宗僧侶 藤田一照。
禅を基にした独自の整体法や呼吸法を開発し、身心両面からの人間理解を深め、40年近く前より自坊で行っている健康道場など、健康に特化した禅を広く伝え続けている臨済宗 天龍寺派僧侶 樺島勝徳。

長年の経験と実績を具えたソマティック禅者のめぐりあいにより、観念・解説・権威によらない本物の禅が、余すところなくあぶり出されてくることでしょう。

身体からの視点による禅・マインドフルネスを深めるワークの競演も見所です。

場所は藤田一照の坐禅会や多数のワークショップを開催する葉山茅山荘にて。

古くて新しい禅の本質である「ソマティック禅」。
その邂逅から新たな禅の潮流が始まります。

【詳細】
▼日時:2018年9月10日(月)14:00-17:00(受付13:40~)

▼場所
神奈川県葉山町(最寄駅:JR横須賀線、京急本線新逗子駅)
(会場住所は、申込みが確定した方に、開催日数日前にメールにてご案内いたします。)

▼参加費:4,000円/人
申込みはこちら
※磨塼寺正会員の方は、磨塼寺サイトよりお申し込みください。

▼参加人数:30名

▼出演
登壇:樺島勝徳氏、藤田一照
司会/進行:藤井隆英氏

▼当日の流れ
13:40-14:00:受付け
14:00-14:15:ご挨拶
14:15-15:45:樺島勝徳氏による講演・ボディーワーク
15:45-16:45:対談(樺島勝徳氏☓藤田一照)
16:45-17:00:質疑応答

▼その他
・ボディワークや坐禅ができる動きやすい服装でお越しください。
・飲み物などは各自ご持参をお願いいたします。

======================

<プロフィール>
樺島 勝徳氏
1949年、福岡市生まれ。
花園大学仏教学科卒業。鍼灸指圧師免許取得。
現在、京都嵐山・薬師禅寺住職。花園大学・東洋医学講師

藤田一照
1954年生まれ。東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。
坐禅に出会い得度、33歳で渡米。17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。
2005年に帰国後、神奈川県葉山で坐禅の研究、指導にあたっている。
2017年5月より、オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」主宰。

<主宰者>
オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」

<お問い合わせ>
info@masenji.com

藤田一照HP写真

9月のスケジュール

 藤田一照HP写真

 

9月1日(土曜)
Buddhsit~今を生きようとする人たち」上映会(Oterart金澤)in珠姫の寺 天徳院

9月2日(日曜)
金沢大学付属病院 マインドフルネスとケア−理解と実修―

9月3日(月曜)
兼松佳宏さん主宰連続講座『空海とソーシャルデザイン 2018』第一回「ソーシャルデザイの五智」にゲスト出演

9月8日9日(土曜・日曜)
Zen2.0

9月10日(月曜)
樺島勝徳☓藤田一照『「温故知新 現代ソマティック禅者のめぐりあい」―身体を通した禅の学びとは―』

9月17日(月曜)
ヨガフェスタ横浜 綿本彰さんとのコラボ講座「ヨガと禅と身体」

9月22日(土曜)
移動する学林 Lifeshift Village in 京都

9月26日(水曜)
Robert Fritzさんとの英語での対談 Zen and the Art of Creating

移動する学林in京都特別イベント

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』特別イベントin京都

移動する学林in京都特別イベント

2015年より3年間続いてきました仏教塾が、新たな学びの場『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』として再出発!
今年は、仙台・名古屋と巡り、最後の開催は京都開催となります。
そこで、今回参加できない皆様、今後参加をご検討中の皆様に、ほんの少し塾の空気感を感じてもらえる機会をということで…京都開催最終回の10月27日(土曜)に、一般公開イベントを企画させて頂きました。
『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』とは、どんな場なのか?などを、少し紹介させて頂きつつ…
特別ゲストに、兼松佳宏さんをお迎えし、「仏教と◯◯デザイン ー 仏教を現代生活にエンゲージする対話ー」
と題し、藤田一照との対談トークライブを予定しております!

「仏教と◯◯デザイン ー 仏教を現代生活にエンゲージする対話ー」
社会的な課題をクリエイティブに解決する「ソーシャルデザイン」をテーマとする、
ウェブマガジン「greenz.jp」の編集長を務めてきた兼松さんが、現在取り組んでいるのは、
『空海とソーシャルデザイン』という連載です。兼松さんが「1200年前に空海が紡いだ大切な言葉を、
インスピレーションにあふれるその発見を、現代を生きる僕たちの暮らしや仕事に、どう具体的に応用できるのか。」という壮大なコンセプトに本格的に取り組みはじめて5年が経ち、書籍化を控えた今だからこそ、
今回のトークセッションが実現しました。
本トークセッションでは、『空海とソーシャルデザイン』というコンセプトに取り組む兼松さんと、
『道元とライフデザイン』というコンセプトに取り組み続ける藤田一照さんが、互いの考えや実践を同じテーブルに載せ、《仏教は、現代を生きるわたしたちの人生にどう具体的に応用できるのか》を探求し合う時間です。


【京都詳細】

日時:2018年10月27日(土曜)
時間:18:00〜20:00
場所:ウエダ本社 北ビル 2階
〒600-8103 京都市下京区五条通堺町角塩釜町363番地
https://www.ueda-h.co.jp/contact.html#access
講師:藤田一照
ゲスト:兼松佳宏さん
参加費:3000円 ※事前決算 (塾生は2000円)
支払方法:お振込み  ※お申込み頂いた後お振込み口座をお知らせ致します。
定員:50名
主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ
共催:一般社団法人リリース
運営:合同会社メイジュ
協力: 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』実行委員会

【スケジュール】
18:00〜”移動する学林”について
18:05〜ゲスト 兼松佳宏さんのご紹介
18:10〜藤田一照X 兼松佳宏 対談
質疑応答・お知らせ
20:00 終了

お申込みはinfo@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』特別イベントin 京都とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。

藤田一照(ふじた・いっしょう)
1954年、愛媛県生まれ 灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。
院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。 33歳で渡米。
以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。 2005年に帰国し現在も、
坐禅の研究・指導にあたっている。2010年より曹洞宗国際センター所長。Starbucks、Facebook、
Salesforceなど、アメリカの大手企業でも坐禅を指導する。 2017年5月より、オンライン禅コミュニティ
「大空山磨塼寺(たいくうざんませんじ)」開創。 曹洞宗国際センター2代所長。 著作に『現代坐禅講義
– 只管打坐への道』)、共著に『アップデートする仏教』、『安泰寺禅僧対談 』、『禅の教室』、訳書に
『禅への鍵』『法華経の省察』、『禅マインド ビギナーズ・マインド2』など。

兼松佳宏(かねまつ・よしひろ)
勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師/「スタディホール」研究者
1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。 2016年、フリーランスの勉強家として独立し、著述家、京都精華大学人文学部特任講師、ひとりで/みんなで勉強する【co-study】のための空間づくりの手法「スタディホール」研究者として、教育分野を中心に活動中。 著書に『ソーシャルデザイン』、『日本をソーシャルデザインする』、連載に「空海とソーシャルデザイン」「学び方のレシピ」など。秋田県出身、京都府在住。一児の父。 http://studyhall.jp

『移動する学林-LIFESHIFT VILLAGE』

《満員御礼締切》『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』in京都

『移動する学林-LIFESHIFT VILLAGE』

※満員御礼となり締切ました。

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』

“ほんとうに大事なことは、困難な問題に直面したときに、すぐに結論を出さないで、問題がじぶんのなか で立体的に見えてくるまでいわば潜水しつづけるということである。知性に肺活量をつけるというのはそう いうことである。” ー 鷲田 清一『哲学の使い方』、岩波新書、67頁

これまでに人類が経験しなかったような様々な問題を前にして、自然と、人と、社会との調和を深いところ から育む場となることを願って2015年よりはじまった「仏教的人生学科一照研究室」。三年目を終えようと していたある日、塾長である禅僧藤田一照さんと僕は偶然にも同じ本を手にしていて、そこに共通の問題意 識を見出していました。そして、「わからないことにわからないまま向き合う時間」、「ブッダが過ごした 〈仏教〉を創造するような時間」を四年目以降のテーマとしようと決めました。 本塾が開講してからの三年間は、僕らの世界をよりよく変えることを期待した様々な技術も、ビジネスも、 思考法も、もはやそれだけでは(倫理や哲学を問うことなしに)世界をより困難にするだけだと、より強く 認識する三年間でした。だからこそ、僕たちは社会の初期設定、パラダイムそのものを問い続ける営みへと 学びの軸足をより自覚的に移そうと思います。さらに、同じような思いを抱く同時代の同志を求めて各地へ移動する 動的なコミュニティへとシフトしようと決めました。

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』は、自らが安住してきた〈世界〉から飛び出し、刻々と変化す る世界と一体となって〈いのち〉を活かし生きることを学び続ける「実践的学びのプラットフォーム」です。 仏教を補助線として〈わたし〉が生きる土台を体感する「移動するサンガ」へ、日本各地から様々な人々が 集うことを願っています。
2018年1月吉日

藤田一照・桜井肖典・後藤サヤカ

【京都詳細】
日時:2018年9月22日(土曜)/10月27日(土曜)
時間:11:00~16:20  ※休憩約20分
場所:京都府立文化芸術会館 ※会場の都合上、場所の変更する場合があります。
〒602-0858 京都市上京区河原町通広小路下ル (9月: 和室B 10月:和室B)
http://www.bungei.jp/index.shtml
講師:藤田一照
受講料(全2回):24,000円(月12,000円) ※単発受講を若干名受け付けておりましたが、9月のみの参加は受付終了です。10月のみは若干名受付いたします。
支払方法:お振込み  ※お申込み頂いた後お振込み口座をお知らせ致します。
定員:35名  ※2回連続受講できる方優先となります。
締切:9月18日(火曜)
主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ
運営:合同会社メイジュ
協力: 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』実行委員会

【講義内容】
●仏教書講読
『青虫は一度溶けて蝶になる』(春秋社)をテキストに、講義やディスカッションを通して、自己、世界、人生について、新しい眼を持つことを学んでいきます。

●身心相関的ワーク実修
からだ育ての時間として、さまざまなエクササイズを通して、かしこいからだを培います。

●瞑想&坐禅実修
こころ育ての時間として、さまざまな瞑想や坐禅を通して、強いこころを培います。
※仙台、名古屋、京都、それぞれで重点的に取り組むテーマを変えながら、年間を通して1冊を深めていきます。
※各会場の1回目、2回目のあいだの約30日間にも、Facebookグループページで学びを深める試みをします。

【スケジュール】
11:00〜13:00 仏教書講読
13:00〜13:20 休憩
13:20〜16:20 身心相関的ワーク
瞑想&坐禅 終了

お申込みはinfo@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』in 京都とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。

名古屋塾イベント写真

『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』特別イベントin名古屋

名古屋塾イベント写真

2015年より3年間続いてきました仏教塾が、新たな学びの場『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』として再出発!
今年は、仙台・名古屋・京都の3箇所を巡る予定です。
そこで、今回参加できない皆様、今後参加をご検討中の皆様に、ほんの少し塾の空気感を感じてもらえる機会をということで…名古屋開催最終回の7月21日(土曜)に、一般公開イベントを企画させて頂きました。
『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』とは、どんな場なのか?などを、少し紹介させて頂きつつ…
特別ゲストに、光岡英稔さんをお迎えし、「禅と武術の出会うところ〜古の世界を問ふ」
と題し、藤田一照との対談トークライブを予定しております。

「禅と武術の出会うところ〜古の世界を問ふ」…..
古の禅における坐禅や五体投地、武術における型や式の意味とは何だったのだろうか? 達磨が居た時代、道元が居た時代、古の武術家たちが居た時代、そのような時代の身体と心を今の私たちが僅かでも体験し獲得するに当たってできることとは?そのような事を垣間見れる機会を設けたく、今回のイベントを開催することになりました。人の内面にある自然本来のあり方へ帰ろうとするのに仏教と武術、この二つの伝統文化の共通点とは如何に?!今イベントではトークと実技を絡ませながら参加者の皆様には実際に仏教と武術における「古の身体」を体験しながら、その論を身体を通じて理解していただきます。 目から鱗が落ちるコラボ講座になること間違いなし!

【名古屋詳細】
日時:2018年7月21日(土曜)
時間:18:00〜20:00
場所:日本ガイシフォーラム 和室1 ※会場の都合上、場所の変更する場合があります。
〒457-0833 南区東又兵ヱ町5丁目1番地の16
http://www.nespa.or.jp/shisetsu/bunka/access.html
講師:藤田一照
ゲスト:光岡英稔さん
参加費:3000円 ※事前決算 (塾生は2000円)
支払方法:お振込み  ※お申込み頂いた後お振込み口座をお知らせ致します。
定員:50名
主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ
運営:合同会社メイジュ
協力: 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』実行委員会

【スケジュール】
18:00〜”移動する学林”について
18:05〜ゲスト光岡英稔さんのご紹介
18:10〜藤田一照X光岡英稔 対談&実修
質疑応答・お知らせ
20:00 終了

お申込みはinfo@fujitaissho.infoまで。
メールの件名を、 『移動する学林:LIFESHIFT VILLAGE』特別イベントin 名古屋とし、
お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。

藤田一照(ふじた・いっしょう)
1954年、愛媛県生まれ 灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。
院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。 33歳で渡米。
以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。 2005年に帰国し現在も、
坐禅の研究・指導にあたっている。2010年より曹洞宗国際センター所長。Starbucks、Facebook、
Salesforceなど、アメリカの大手企業でも坐禅を指導する。 2017年5月より、オンライン禅コミュニティ
「大空山磨塼寺(たいくうざんませんじ)」開創。 曹洞宗国際センター2代所長。 著作に『現代坐禅講義
– 只管打坐への道』)、共著に『アップデートする仏教』、『安泰寺禅僧対談 』、『禅の教室』、訳書に
『禅への鍵』『法華経の省察』、『禅マインド ビギナーズ・マインド2』など。

光岡英稔(みつおか・ひでとし)
岡山県生まれ。日本韓氏意拳学会 会長、および国際武学研究会代表。多くの武道・武術を学び19歳の時に渡米し11年間ハワイで武術指導。  2003年2月、 意拳の創始者、王薌齋の高弟であった韓星橋 先師と、その四男である韓競辰老師に出会い、 日本人として初の入室弟子となる。現在、韓氏意拳においては日本に おける韓氏意拳に関わる指導・会運営の一切を 任されている。また国際武学研究会においては国内外の武術家・武道家に限らず人間の文化、身体、歴史を経験的に探究をされてる方々を招いての交流イベントなども主催している。 著書に『武学探究』(甲野善紀氏との共著/冬弓舎)、『荒天の武学』 (内田樹氏との共著/集英社)、『生存教室 ディストピアを生き抜くために』(内田樹氏との共著/集英社)、 監修本に『増補新版 FLOW:韓氏意拳の哲学』(尹雄大著/昌文社)、『韓氏意拳〜拳の学としての意味』『意拳学』 (スキージャーナル)がある。

KAZ86_namiuchigiwa500

7月スケジュール

KAZ86_namiuchigiwa500

 

7月21日(土曜)
仏教塾「移動する学林 Lifeshift Village」@名古屋

7月21日(土曜)
移動する学林 Lifeshift Village 特別イベントin名古屋
藤田一照X光岡英稔 「禅と武術の出会うところ〜古の世界を問ふ」

7月26日(水曜)
夏期大学 禅といま

7月27日(水曜)
朝日カルチャーセンター新宿講座 奥村正博X藤田一照
坐禅実修  15:30-17:30

7月27日(水曜)
朝日カルチャーセンター新宿講座 奥村正博X藤田一照
『正法眼蔵 現成公案』入門  18:30-20:30

ませ寺リアル座禅会

磨塼寺主催「リアル坐禅会@葉山」

ませ寺リアル座禅会

今年第3回目となるリアル坐禅会を、葉山にて開催いたします!

テーマは、『事実を知ることから生まれる安心とは』
事実を知るとは?生み出すのではなく、生まれるとは?安心とは?
これらについて、一照さんの講義と実習を通じて行います。

<内容>

▼テーマ
『事実を知ることから生まれる安心とは』

▼当日の流れ
ー第1部:坐禅会ー
・講義と坐禅実修
ー第2部:グループ・トークー
・テーマに基づき、3-4人のグループに分かれてグループ・トークと、一照さんからのコメント
※流れは、当日変更される可能性があります。

▼時間
・受付開始:13:45
・開始予定:14:00
・終了予定:16:30

▼場所
神奈川県葉山町(最寄駅:JR横須賀線、京急本線新逗子駅)
(会場住所は、申込みが確定した方に、開催日数日前にメールにてご案内いたします。)

▼参加費:メール会員3,000円、一般3,500円

申込みは→peatix

<主宰者>
オンライン禅コミュニティ「磨塼寺」

<お問い合わせ>
info@masenji.com